常にラリってる闇ブログ。

どうも、しばらくアニメ作りに夢中になってて
拍手コメントに気づきませんでした・・・。
申し訳ない!ではさっそく拍手返信からしたいと思います!

こばるんさんへ。
どうもです!ああ、学生さんだと、
この時期、学校の宿題とかあって
来るのは難しいですよね。
あと、受験勉強もあったりするのかな?
無理して来なくても、大丈夫ですよ~。
ではコミティアの感想もちょっと書きますね。
コミティア会場はぜんぜん暑くなかったです。
友達のウナギノちゃんはむしろ「ちょっと寒い・・・」と
言ってたくらいです。お客さんはまあまあいい感じに
やって来たので、同人誌の在庫はほとんど無い状態です。
ありがたいことだ。で、机上研究会のメンバーと
色々、おしゃべりしたりもして、とても楽しい1日でしたよ。
猪原さんとはオカルトの話、牡丹棚さんとは漫画の話、
ウナギノちゃんとは雑多な話をしたりしましたね。
ああ、久々に妹以外の人としゃべれて嬉しい・・・!と
嬉しさをしみじみと味わいましたよ。
コミティア、すごく楽しかったです。うん!
だいたい、こんな感じですかね。
ではコメントありがとうございました!

青桐さんへ。
青桐ちゃん、どうもどうも!
残暑見舞いのハガキ、無事に
届いたようでよかったです!
今回の合同誌「青春」では、
いつもよりちょっと違う絵で
描いてみたのですよ。実験的にね。
でも描き進めていくうちに
いつもの絵になってきちゃいました(笑)。
絵柄を変えるって難しいね!
不死身のジサツ君についての言及、ありがとう!
「自慰行為も自殺行為も自らの肉体を自らの手で
イかせるということで共通点があるんですよね。
ムクロジさんの創作にはそういった”筋”が
隠されていて、純文学的でもあるなと思うことが
多々あります」とのことで、とても嬉しいなあ。
自分は学生時代はドストエフスキーにめっちゃ
ハマっていたので、純文学にはすごく憧れがありますね。
私の漫画に純文学的なところがあるとしたら、
たぶんドストエフスキーの影響ですね。うん。
「決してデタラメではない、”素敵”というよりは
”素晴らしい”創作が多くて本当に感心します」
とのことで、本当にありがたいお言葉です!
では、コメントありがとうございました!

-------------------------------------------------------
で、ここからは私が作ったアニメの話です。
石川浩司さん作詞作曲の「玄関」という曲の
ミュージックビデオをここ最近はずっと作っていました。
で、昨日ようやく完成したのです!
以下の動画が私の作ったアニメなのです!
どうか見てくださると嬉しいのです。



ちなみに妹にこのアニメを見せたら
「なんか癒されるね」と好評でした。やったね!
また何か音楽のアニメーションを
作ってみたいなと思っております。
相変わらず、自分は創作中毒やな・・・。
-------------------------------------------
あと、机上研究会の合同誌「青春」の
自家通販を始めました!
残り3冊なので、先着順にお売りいたします。
欲しい方はお早めにどうぞ~。
通販ページ↓
http://pyorrhea.web.fc2.com/doozin/seisyun/tu-han.html

[追記]
こばるんさんへ。
なんか外に半袖で出ると寒かったりしますよね。
急に秋になっちゃった気もします。
「玄関」のアニメPVを見ていただきありがとう!
温かい感じを目指して作ったので、
「温かい感じのアニメーションですね」と
言われてとても嬉しいです!
私も「ただいま」とか、そういう挨拶って
ちゃんとしていないなあ、と思いました。
「ただいま」を言える相手が居るということは
「帰る場所」があるというわけだから、
幸せなことなのかもしれませんね。
ではコメントありがとうございました!

テーマ:つぶやき - ジャンル:ブログ


どうも、ムクロジです。
記事タイトル通り、今回は机上研究会の
合同誌「青春」の宣伝なのです。
8月20日、東京ビッグサイト(東京国際展示場)にて
行われる「コミティア121」というイベントに
サークル机上研究会として参加します。
サークルブース(サークルの場所)は「J18b」です。
そしてそこで机上研究会の新刊本、
合同誌「青春」を1冊500円で売ります。
たった500円で様々な「青春」が楽しめます!
どうぞ立ち読みでもいいので寄ってってください!

seisyun-hyousi-senden.png
そして、今回の合同誌「青春」の表紙はこれだ!!
猪原秀陽さんという、めっちゃ絵の上手い人に描いていただきました!
猪原さんは突如、オーストラリアに行ったり、
インドに行ったりなんかする、謎の自由人です。
行動が読めない謎の人なのですが、
猪原さんの描く漫画はとびきり面白いですよ!





seisyu-koukoku-.png
こちらは、猪原さんが作ってくれた宣伝画像。
それぞれの作者のマンガタイトルとマンガの中の一コマが
上手い具合に紹介されてます。
ちなみに合同誌「青春」のマンガのラインナップは
・猪原秀陽「高校生」
・霧隠サブロー「青春のヘルシンキ」
・カトちゃんの花嫁「ド」
・牡丹棚「カナコの凡庸」
・ウナギノ「青春の味」
・ムクロジ「まばたきのように一瞬に」
こんな感じのラインナップであります。



では、それぞれの作者の紹介を
ムクロジが独自にやっちゃいます。
まずは、猪原秀陽さんから。
seisyun-mng1.png
猪原秀陽さんは、上記にも書いた通り、
一言で言うと「謎の自由人」です。
いきなりオーストラリア行っちゃったり
かと思えば今度はインドに行っちゃったりして。
フットワークが軽いんですね、彼は。
漫画もなかなか謎な部分もあって、
いきなりゾンビが出てきたりする。
でも漫画のジャンルは幅広く描ける感じの人で、
物作り漫画、シュールな漫画、ロマンを感じさせる漫画、と
色々と描いている人なのです。
そして絵は抜群に上手くて、尚且つかっこいい。
あと、猪原さんは商業ではQeticというサイトで音楽漫画も描いています。
これです→https://qetic.jp/tag/%e9%9f%b3%e6%a5%bd%e3%82%92%e6%bc%ab%e7%94%bb%e3%81%a7/
音楽を聴きながらぜひ読んでみようね。
そして、猪原さんの漫画の中で、個人的にイチオシなのは、
ずばり、「変態フェスティバル」!
このタイトルからして面白さぷんぷんな漫画、
期待通りの面白さなのです。
こちらから読めるよ→http://mavo.takekuma.jp/viewer.php?id=735
猪原さんのイケてる色彩センスで描かれた、色とりどりの変態たち。
見てるだけで楽しいし、話の内容も楽しい。





お次は、霧隠サブローさん。
seisyun-mng2.png
私は霧隠サブローさんのことを敬愛を込めて
「サブロー先生」と呼んでおります。
サブロー先生の描く漫画は、とにかく「漢(おとこ)」の漫画!という感じ。
サブロー先生の好きなものは、ヘビーメタル、プロレス、そして特撮。
マニアックな男の趣味をフルパワーで全開にして漫画を描いているお人なのです。
そして、マニアック全開で漫画を描いているので、
サブロー先生の漫画はかなりシュールな漫画になっています。
代表作はなんと言っても「魔装番長バンガイスト」!
リイド社のリイドカフェというサイトで連載している漫画です。
ここで読めるぞ!→http://leedcafe.com/webcomicinfo/%E9%AD%94%E8%A3%85%E7%95%AA%E9%95%B7%E3%83%90%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%88/#QHO6N7W.twitter_responsive
個人的にバンガイストは9話目のタヌキの化け物が
出てくる回がすごくシモネタ全開で下品で大好きです。
あとバンガイストに出てくるプロレスラーの岡本さんが
ムクロジ的に好きなキャラです。
そして、他にはホラー漫画「なまぼこ」も描かれているのです。
「なまぼこ」は独特のユーモアと発想が冴えた名作なので読むべし。
こちらから読めます→https://osoroshiya.com/manga/namaboko/





お次は、カトちゃんの花嫁さん。
seisyun-mng3.png
カトちゃんの花嫁さんは、ツイッターの「歯の漫画」で有名な人です。
「つらいけどサンバ」とか「おまえ~!」とか、
かわいい歯がおりなすデフォルメパラダイス!
カトちゃんの花嫁さんの、この、かわいくて洗練されたデフォルメ絵は
漫画絵としてとても優れているし、かっこいいなあ、と思う。
「歯の漫画」で検索すると、歯の漫画グッズがたくさん売ってあって、
かわいい女の子に大人気だったりするのも、うなずけます。
缶バッチ、パーカー、帽子、色々なファッショングッズが
あって、かわいいし身につけたくなる。
そして繰り出すギャグはシニカルだったりシュールだったり。
歯の漫画はツイッターで公開されてる4コマ漫画で、
不思議な中毒性のある漫画なのです。
こちらから見れるぞ!→https://twitter.com/hanomanga
そして歯の漫画以外には、あの有名面白サイト「オモコロ」にて
「ケモノと歩いた道」という漫画を公開されています。
西遊記のパロディーモノ漫画で、パロディーモノ好きな
ムクロジとしては個人的に好きなギャグ漫画なのです。
俗な三蔵法師の浅はかさをシニカルに描いた良作!
ぜひ読んでみよう!→http://omocoro.jp/kiji/95885/





そしてお次は牡丹棚さん。
seisyun-mng4.png
牡丹棚さんはマイペースな実験精神者です。
描く漫画は毎回、何らかの実験的手法を
使っていたりして、漫画にはまだまだ未開の
可能性があることを我々人類に示してくれるのです。
私が初めて牡丹棚さんの漫画を見た時は、驚きました。
どこに驚いたかというと、漫画全体に流れる「新しい」感じ、
漫画全体に流れる「不思議」な感じ、そこに驚いた。
牡丹棚さんは「ぼたんスープ」という摩訶不思議な
漫画を描いてらっしゃるのですが、この漫画、
どこがどういう風に「新しい」のか、
どこがどういう風に「不思議」なのか、
言葉では言い表すのが難しいです。
とにかく読んでみて!と私は言いたい。
こちらから読めるよ!→http://botandana.xxxxxxxx.jp/0000.html
あと注目すべき牡丹棚漫画は、「音角形成線路」!
この漫画は横スクロール漫画なのですが、
まさに牡丹棚さんにしか描けない、
牡丹棚さんらしい実験精神あふるる漫画なのです。
百聞は一見にしかず。まずは読んでみよう!
こちらから読めます→https://note.mu/botandana/n/n625d471917e4
この「音角形成線路」は、音楽という概念を漫画化した漫画なのですが、
読んでいると本当に、「音楽だ!目で音楽が読めるぞ!」という
摩訶不思議な体験ができます。





お次は、ウナギノさん。
seisyun-mng5.png
ウナギノさんの漫画で一番、注目すべき点。
それは、「素晴らしいコマ割り」なのです。
ウナギノさんがハタチの頃に描いたという傑作「ランシとセイシの大冒険」は、
コマ割りの面白さ、素晴らしさが存分に生かされている漫画で、
そして尚且つ、内容もディープで素晴らしいという漫画なのです。
「ランシとセイシの大冒険」は、その名の通り、卵子と精子の冒険を描いた漫画です。
卵子と精子は如何にして冒険し、如何にして出会うのか。
その大冒険の様を描いたとても壮絶な漫画です。
こちらから読めるぞ→http://toko.takekuma.jp/viewer.php?mangaid=336
大作なので、読みごたえたっぷりです。ぜひぜひ読んでみよう!
そして、ウナギノさんの本業は「画家」です。
ウナギノさんのサイトには奥深い色合いの絵画たちが公開されてます。
絵が好きな人はきっと見て何か深いものを感じるはずです。
こちらから見れます→http://yodakanohosi0901.wixsite.com/unagino-gallery
どうぞご覧下さい。





最後に、私、ムクロジ自身の紹介をして終わりとします。
seisyun-mng6.png
ムクロジは基本的には創作中毒者で、
漫画がメインではあるけど、漫画以外にも
ゲーム、イラスト、文章、映像、写真、音楽、などなどを作ったりしています。
なぜ自分がこれだけ色々と作るのか、自分でも
よくわからず、まるで走るのが止まらないイノシシのような気分で
創作をしています。
漫画は、基本的には暗い漫画ばかり描いています。
べつに明るい漫画が嫌いなわけではなく、
暗い漫画の話ばかり思いついてしまうから、
どんどん描いていったら暗い漫画ばかりが増えてしまったのです。
そんなムクロジの漫画をランク別に紹介してみます。
まず、初級者向けムクロジ漫画。
「コインランドリーのきみ(改訂版)」です。
ここから見れるよ→http://www.moae.jp/comic/morningzero_coinlaundrynokimi
なぜ「改訂版」と付いているかというと、
ムクロジの漫画の担当編集さんにアドバイスを
頂いて、ところどころ手直しして元の漫画と
違う感じになったので「改訂版」と名付けています。
これがたぶん、一番読みやすくて受け入れやすいんじゃないかな、と。
次、中級者向けムクロジ漫画。
「赤いひこうき雲」です。
ここから見れる→http://pyorrhea.web.fc2.com/comic/short/10/1.html
この漫画は「一瞬の美しさ」を描いたムクロジ的感動漫画なのですが、
そのことを漫画の担当編集さんに言ったら、
「お母さんの自殺というマイナス面が大きすぎて感動できない」と
もっともな意見を言われてしまい、感動漫画は描くのが難しいなあと思いました。
最後に、上級者向けムクロジ漫画。
「ぢゅうぢゅう子宮」。
ここから読める→http://blog.livedoor.jp/merukatoru_ni_haguki-airinn/archives/1059401604.html
これはいちおう18禁エロ漫画なのですよ。
でもたいしてエロくない。あえていうなら、ゲテモノ漫画。
妹に見せたら「わけがわからない」と言われ、
マヴォの竹熊編集長からも「全体的に意味不明」と言われた
正真正銘のわけわかめ漫画なのです。
まあ、どん底にヒマな人か、時間をドブに捨てたい人しか
読んじゃいけませんよ、この漫画は。色々とひどい漫画です。



・・・と、こんな感じで合同誌「青春」のメンバーについて
かってに紹介しちゃいました。
かってに紹介するのはやめてくれ!という人は
以下のメールフォームから伝えてくださいね。
メールフォーム→http://form1.fc2.com/form/?id=815215
それでは、ここまで読んでくれた方々、
どうもありがとうございました。


テーマ:みんなに紹介したいこと - ジャンル:ブログ

mother-kill-eat.jpg

久々に新しいイラストを1枚公開したよ。
なんとなく、デヴィット・リンチの映画を
イメージして描いたつもりの絵なのです。
興味あったら見てみてね。
よろしく。

イラストページ↓
http://pyorrhea.web.fc2.com/gallery/2017/1.html

[追記]
こばるんさんへ。
どうも、毎度コメントありがたいのです!
昨日から風邪ひいちゃったけど、
それ以外は元気ですよ~。
デヴィット・リンチは「マルホランドドライヴ」が
比較的、わかりやすいかも?です。
リンチ監督の映画は奇妙な味わいがあって
面白いのですよ。ぜひぜひ見てみてくださいな~。
ティム・バートンはあんまり見ていないけど、
気になる映画監督さんなので、
いつか機会があれば見たいですね。
おお、蜘蛛って親を食べちゃうのか!
初めて知りました。すごい肉食系・・・。
「親の愛情の形はいかにも様々で、
何をも“当たりまえ”として見ることはできないですね」
とのことで、本当にそうですよね。
「当たり前」とか「普通」とか、そういう言葉って
信用ならないな、と常々思っています。
それではコメントありがとうございました!

テーマ:みんなに紹介したいこと - ジャンル:ブログ

tonbo-DSCN0165-2.jpg

家の玄関に小さくて透明の
かわいいトンボが止まってたよ。
なんか写真で見ると肉々しい体つきを
しているけど、実際はもっと透明感のある体だった。
夏を感じたよ。

[追記]
こばるんさんへ。
うちの近所はわりと、たくさんいるかもです。
この前はカマキリを見かけたし、
夏の終わりになるとアブラゼミの
死体が道路にたくさん転がっていたりします。
こばるんさんはシオカラトンボ好きなんですね。
シオカラトンボというと、どうぶつの森を思い出します。
どうぶつの森の世界では、よくシオカラが飛んでました。
でも現実のトンボのほうがかっこいいですね。うん。
「ムクロジさんの一番気に入ってる作品はどれでしょうか?」
とのことで、うーん、難しいなあ・・・。
でも個人的には「赤いひこうき雲」かな、と。
あと「一点先の停車駅」も思い入れが深いので好きですね。
ああ、やっぱり一つに絞るのは難しい・・・。
こばるんさんに「一点先の停車駅」や「或る狙撃兵の女」や
「閉じたドア」が好きだと言ってもらえて嬉しいです!
どれも私の創作力がノリにのっていたときの漫画ですね。
自分でも気に入ってますよ~。
というわけで、メッセージどうもありがとうなのです!

テーマ:みんなに紹介したいこと - ジャンル:ブログ

// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 釘バットで撲殺 all rights reserved.
プロフィール

ムクロジ

Author:ムクロジ
自閉症の漫画描きです。
かなりの情緒不安定で
現在、病気療養中。
電脳マヴォに漫画を
載せていただいています。
こちらから読めます↓
http://mavo.takekuma.jp/title.php?title=70
よろしくです。

※お絵かき掲示板を作りました。
よければ何か描いていってね。
描かれた絵には、もれなくムクロジがコメントするぞ。
↓お絵かき掲示板
http://www.illustbook.net/pyorrhea/


まんが同人誌の通販を
始めました。
↓こちらから買えます。
https://pyorrhea.base.shop/


↓サイト
http://pyorrhea.web.fc2.com/

↓ドロワー
http://drawr.net/pyorrhea

↓ピクシブ(二次創作)
http://www.pixiv.net/member.php?id=10815404

↓ホラー連合HMU(参加してます)
https://mangahack.com/comic/show/2505

↓つぶやき
http://piyo.fc2.com/pyorrhea/

↓投稿マヴォ(投稿してます)
http://toko.takekuma.jp/home.php?userid=92

↓メルカトルの鋼(参加してます)
http://blog.livedoor.jp/merukatoru_ni_haguki/

↓メルカトルの鋼【裏】(エロとグロ)
http://haganeura.web.fc2.com/kyoukai.html

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム