常にラリってる闇ブログ。




なんか、自分で言うのもアレだけど、
昨日投稿した記事の絵がわりと恐い。
しかも記事内容も独断と偏見に
まみれすぎてて、よくねえなあって感じ。
もし私が昨日投稿した記事を見て
不快になった人がいたら、ごめん。
たまにああいう、感情を先走らせたような絵を
描きたくなるんですよ。
つーか、こええよ、昨日の記事絵。

昨日の記事絵を下げるために
私が現在、描いてる途中の
新人賞に送ろうかなと
思っている原稿の絵を
ちょっとだけ載せてみます。
今度、新人賞に送るやつは
「コインランドリーのきみ」の漫画を
手直ししたもんを送るつもりなのです。
話は担当さんからアドバイスを頂いて、
手直ししたのでやや明るめの話になってます。
いい感じの話になったので、やっぱ
プロの編集さんの意見は良いなあと思った。
絵はボールペンとミリペンで丁寧に描いてます。
1枚目は「コインランドリーのきみ」の女の子が
主人公の家に訪ねてきたところの絵。
2枚目は手がコインランドリーの乾燥機の中に
ぶら下がっている手の絵。
女の子がかなり可愛く描けたので満足。
やっぱ、なんだかんだ言って、
かわいい女の子が描けると
テンション上がりますね。
テンションあげあげで突っ走りたいね。

[追記]
かにさんへ。
どうもです。絵が整っているとの
コメント、嬉しいです!
なるべく手を抜かずに
丁寧に丁寧に描いていきたいな。
カニ座さんの頑張る力に
なるんなら、よかった。
やっぱ他人が頑張ってるの
見ると自分も頑張るぞーって
なるもんね。いいことだ。
ではでは拍手メッセージありがとう!

[追記2]
「暴力についての美学」に
拍手メッセージをくれた方へ。
2枚目の絵に「殺すという行為に
吸い込まれているような表情で
とても、魅力的だと思います」との
コメント、嬉しいです!
なんか、この絵を描いていたときは
一種の興奮状態にあったのでしょうね、私が。
今、自分で見返してみると、
なかなか恐い絵だなあ、なんて
思っちゃうのですが、絵を描いている間は
そんなことぜんぜん思わないから不思議だな。
では、拍手メッセージどうもありがとう!

[追記3]
ウナギノさんへ。
おう!情熱的なコメント、
ありがと!ウナギノちゃん!
共感するとこが少しでも
あったのなら嬉しいな。
なんか私は「ミスミソウ」みたいな
いじめられっこがいじめっこに
復讐するみたいな、そういうの
好きなんですよね。
弱かった者が強くなるのを
見るのって、気持ちがいいし、
カタルシスがある。
でもやっぱり後から自分の記事を見ると、
記事絵は恐いし、文章も拙いしで
うーむ、というかんじでしたので
なんかちょっと反省しちゃいました。
それじゃ、拍手メッセージありがとう!

テーマ:独り言 - ジャンル:ブログ




個人的に好きな「暴力」は、
「弱い者が強い者に立ち向かう暴力」。
たとえるなら、いじめられっこがいじめっこを殺すとか、
虐待された子供が虐待した親を殺すとか、
そういう暴力は、好きだし、有りだと思う。
弱い者が奮起して、強い者を倒す、というのは
ものすっごいカタルシスがあるから好きなんだ。
カイジの漫画もそうでしょ。弱き者が強き者を倒す。
だからこそ、面白い。
あと、もうひとつ、「同等の力を持った者同士の戦いの暴力」も
個人的に好き。これは要するにヤクザの抗争とか、
ボクシングの試合とか、そういうやつ。
ヤクザ抗争の映画とか、やっちゃえ、やっちゃえー!って
感じで私は見る。いわゆる「漢と漢の戦い」は、かっこいいから好きなの。

「暴力」を描くには、やっぱり自分なりの美学が
あったほうがいいと思う。
自分なりの美学も無しに暴力を描くと、
へなちょこでダサくてかっこわるいもんになると思う。
その点、北野武の映画の暴力は、
一種の美学があるから好き。
北野武がヤクザ映画を作ったときに、
「女子供の出てこない、男だけの映画を撮りたかった」
というようなことを言ってて、ああ、これはこの人の
美学なんだなーって思ってめっちゃかっこいいと思った。

あ、あと前にもブログで描いたと思うけど、
漫画で「暴力」を描くんなら、「目力」が重要だね。
「私はお前を本気で殺す」という「殺意を本気でこめた瞳」を
描けないと、迫力のある、真に迫った暴力は描けない。
「死んだ魚の目」しか描けない作者には、
ダサい暴力しか描けないってこと。
だから、「目力は大事」。
私はダサい暴力は描きたくないから
暴力を描くときはやっぱり目を一番、重要視して描く。
どんなにすごいぐちゃぐちゃ死体を描いたって、
迫力なんか、出ないよ。
「目は口ほどにものを言う」って言葉もあるでしょ。
だから目力は大事。

また長文になっちゃった。
ここまで読んでくれた方、ありがと!

テーマ:つぶやき - ジャンル:ブログ



近所の陸橋で拾いました。羽の広がったセミくんです。
羽がちぎれそうな感じになっていました。
ひょっとしたら誰かに踏まれたのかもしれない。




足が曲がっててキュート。
このセミくんはちゃんとメスの
セミちゃんと出会えたのだろうか。




セミくんの顔。なかなかイケメンであります。




写真だとわかりづらいかもしれないけど
羽の色が明るくてとても綺麗なのですよ。



ちなみにが苦手な妹に見せた時の反応。
私「見てー。セミ捕まえたよっ」
妹「わかった、わかったからこっち近づけないで」
私「大丈夫だよ。死体だよ。羽の色が綺麗なんだよ」
妹「わかった、わかったから!」
こんな反応でした。の苦手な人には
見せないほうがいいね。ごめんよ妹よ。

あと、庭にセミくんの死体を埋めに行ったら
すごく綺麗なオレンジ色のチョウチョがいて
思わず感動しました。写真に撮りたかったけど
デジカメをうちの中へ取りに行ってる間に
逃げられてしまった。残念。
それと小さくてかわいいショウリョウバッタくんも
見つけました。ぴょんぴょこ飛んでて
ほほえましかった。でも捕まえようとして
追いかけたけど逃げられちゃった。
夏はの季節なんだな~と改めて思いました。
暑いのは苦手だけどたちが元気だから
私もがんばるぞーって気になりました。

テーマ:独り言 - ジャンル:ブログ


私はたまにギターを弾くのですが(もちろん趣味で)
弾き語りが大好きなんですよ。
でも今のところ、完璧に弾き語れる曲は
ブルーハーツの「青空」って曲しかないです。
たまの「星を食べる」って曲も練習中だけど、
1ヶ所だけ、難しいコードがあって
どうにもこうにも、そこでつっかえてしまう。
そこ以外はけっこう弾けるのになーって思うから
なんか、もどかしいです。
あと、北島三郎の「まつり」という曲を
練習してみたのですが、コード自体は
そんな難しくないのに歌がめっちゃ難しくて
ああ、これは私には無理だ、と挫折しちゃいました。
演歌って、独特のこぶしのある歌い方をしないと
いけないから、そこが難しいんだよな。
演歌を歌える人に憧れを持っていたのですが
自分には演歌、無理っぽいです。
北島三郎、すげえなあ・・・。

あと、他に自分が好きな楽器はピアノです。
ピアノは自分が5歳の頃から10年くらい習っていたので
自分で言うのもなんだけど、まあまあ上手いです。
ピアノで即興演奏も、つたないけどいちおうできるし。
でもさいきんはピアノ弾いてないです。
ピアノを置いてる部屋が倉庫になってしまったから。
あああピアノ弾きてええええええええええ。
ちなみに即興演奏のポイントは黒鍵の部分だけ弾くことです。
これはバカでも阿呆でも不器用でも、黒鍵のとこだけ
リズミカルに弾けば、それなりに曲になるのですよ。
私は阿呆なので黒鍵のとこだけ即興で弾いて
曲を作ることが多いです。
ピアノの黒鍵は、いわゆる半音の音ばかりなので
和音が綺麗に鳴り響くのですよ。
ピアノの白い鍵盤のところは隣り同士のキーを
弾くと(たとえばドとレを弾くと)、嫌な感じの音になるでしょ。
でも、黒鍵の部分は隣同士のキーを弾いても
綺麗な和音になるのですよ。
もし家にピアノがある人は、今日、さっそく試してみてください。
ピアノの黒い鍵盤のとこだけをリズミカルに弾けば、
それなりにいい感じに曲になりますよ。
以上、ムクロジのヘボなピアノ講義でした。

テーマ:独り言 - ジャンル:ブログ

// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 釘バットで撲殺 all rights reserved.
プロフィール

ムクロジ

Author:ムクロジ
自閉症の漫画描きです。
かなりの情緒不安定で
現在、病気療養中。
電脳マヴォに漫画を
載せていただいています。
こちらから読めます↓
http://mavo.takekuma.jp/title.php?title=70
よろしくです。

※お絵かき掲示板を作りました。
よければ何か描いていってね。
描かれた絵には、もれなくムクロジがコメントするぞ。
↓お絵かき掲示板
http://www.illustbook.net/pyorrhea/



↓サイト
http://pyorrhea.web.fc2.com/

↓ドロワー
http://drawr.net/pyorrhea

↓ピクシブ(ゆめにっき二次創作)
http://www.pixiv.net/member.php?id=10815404

↓ホラー連合HMU(参加してます)
https://mangahack.com/comic/show/2505

↓つぶやき
http://piyo.fc2.com/pyorrhea/

↓投稿マヴォ(投稿してます)
http://toko.takekuma.jp/home.php?userid=92

↓メルカトルの鋼(参加してます)
http://blog.livedoor.jp/merukatoru_ni_haguki/

↓メルカトルの鋼【裏】(エロとグロ)
http://haganeura.web.fc2.com/kyoukai.html

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム