常にラリってる闇ブログ。


拍手メッセージが来たので
返信しますね~。

こばるんさんへ。
「ムクロジさんの漫画へのこだわりを
感じます 職人ですな!」とのことで、
いやいや、自分はまだまだ
職人の域には達していませんよ。
でも職人って良い響きだ・・・嬉しいです!
こばるんさんの「漫画は詩と絵画の融合だと
思う」との意見、なるほどなあ、と思いました。
たしかに感受性に訴えかける、という面から
見ると「詩と絵画の融合」って意見、
すごくなっとくです。鋭い意見ですね。
「言葉で伝えきれないものを 視覚的に訴える
まさに感受の宝庫です」とのことで、
うんうん、そうなんですよ、漫画は感受の宝庫・・・
的確な言葉だなあ。私も漫画は無くなってほしくないですね。
どうにか生き残ってくれ!と切実に思います。
ではメッセージありがとう!

[追記]
こばるんさんへ。
「集団悪の人たちへ~」の
記事にくれたメッセージへの
返信であります。
なんか、そういう話を聞くと、
ネットって、集団いじめをするのに
適したツールなんだな、と
いうことがよくわかりますね・・・。
私や、そのLINEでいじめられた女の子に
限らず、ネットって「集団で一人をいじめる」
やつら、いわゆる「集団悪」が
はびこっているんですよ。
或る絵描きの人も、ウソの噂を
流されて、多数の人から
いじめられたりして、それで裁判まで
起こしてやっと皆に流された噂はウソだ、と
いうことを証明していたりしていました。
なんで集団悪を描いた漫画って
少ないのかな。今の日本で最も
現代的な問題だと思うのに。
私の味方をしてくれる人が
いるのは、本当にありがたいことです。
私は「集団悪」をテーマにした漫画を
描こうとして、なかなかまだ描けていないのですが、
たぶん、「集団悪」についての漫画を
描くのは私の使命だな、と思えてきました。
描きたい漫画がいっぱいありすぎて、
どうしよう、という感じですが、
「集団悪」に負けないためにも
ちゃんと「集団悪」をテーマにした漫画を
描こう、と思いました。
それではメッセージありがとうなのです!

テーマ:つぶやき - ジャンル:ブログ

nirami.jpg

なんか、私のことをいろいろと勘違いしている人が多いので、
ここらで本当のことを言います。
ネットには私に対して悪口を言ったり、
私のことを叩いたりしている人が数年前から
いるのを私は知っています。
その人たちは、「自分が集団悪である」と
いうことを自覚していないし、
いまだに私のことを叩いたり悪口言ったり
している人が多いから、私の今の状況を
ここに書きたいと思います。

1:まず、私のことを「結婚した人妻の専業主婦」だと
勘違いしている人がいますが、
私はそもそも結婚なんて今までの人生で
一度もしたことないし、人妻じゃないし、専業主婦じゃないです。
私はどこにでもいる、漫画家志望者のニートです。
なぜこういう勘違いをされたかというと、
「集団悪の人々」がうちのパソコンをハッキングして、
履歴を見て、うちの親が書いている「こども日記」と
題されたファイルを見たせいだと思います。
「こども日記」はうちの親が書いているもので、
私が書いているものではありません。

2:それから、私のことを動物を虐待していると
勘違いしている人がいますが、私は
今までの人生で、一度も動物を虐待したことは
ありません。なぜ、虐待していると思われたのかは、
私が一時期、「ゆっくり虐待」という東方のキャラクターが
虐待される絵や漫画を検索して見ていたので、
それで私の履歴を見た「集団悪」の人々が
「ムクロジは虐待している悪人だ」と、
勘違いしてしまったのでしょう。

3:あと、私が犬嫌いだと思っている人もいますが、
私はむしろ、犬が好きです。うちで犬を飼っていて、
ときどき散歩につれていったりしています。
私は一時期、「バカ犬」とよく検索していたので
それで私が犬嫌いなんだと、勘違いされたのだと思います。
私が「バカ犬」と検索していたのは、
あるホームページを探すためでした。
そのあるホームページには「こんなかわいいバカ犬を飼ってます」
と、かわいい犬の写真が載せられていて、
そのサイトの写真が見たいがために「バカ犬」と
検索して、探していたのです。
たぶん、犬を飼っていない人にはわからない感覚だと
思うけど、犬好きの人はときどき飼っている犬に対して
かわいいバカ犬だなーとか、言うことがあるんですよ。
私の家でも犬を飼っていて、ときどき「かわいいバカ犬だなー」
とか言ったりします。私にとっては、犬に対して
「バカ」と言っちゃうのは愛情がこもっているんです。
そこのところ、犬を飼っていない人にはわからないんだろうな。

4:それと、私が自分専用のお絵かき掲示板の
コメントで、ある人のホームページのアドレスの上に
「病気」と書いていましたが、それはその人の
ピクシブの絵のタグに「作者は病気」と書かれていたので
それをメモ代わりに書いていただけで、
悪口を書いたわけじゃないです。
あくまで、ピクシブの「作者は病気」のタグが
印象に残っていたので、メモ代わりに
書いていただけなんです。
だから、べつにその人のことは嫌いじゃないし、
「作者は病気」というタグがネタだというのも
わかっています。でももし、勘違いして
「ムクロジは悪口を書いている」と
思わせてしまったのなら、謝ります。申し訳ない。

5:そして、私のことを「子持ちの専業主婦で
離婚したり浮気したりしている女」と思っている人も
いるみたいですが、以上にも書いたとおり、
私は専業主婦じゃなくてニートだし、
そもそも子供を作ったり産んだりしたことは
今までの人生の中で一度も無いです。
私は、どこにでもいる処女のニートです。
だから、浮気だの離婚だの、そういうことも
一度もしたこと無いです。そもそも私は
結婚なんてしていないから、浮気も離婚も
できないです。私は今までも、これからも、
基本的には結婚したくないし、子供を
作ったり育てたりもしたくないですね。
そういうことは、自分に向いていないから。
私は一生を独身で通すつもりです。

6:それから、あるひとが交通事故に
あったのを「ムクロジが仕組んだから、
その人は交通事故にあったんだ」と
思い込んでいる人もいるみたいですが、
ムクロジはまったくの無関係です。
何か悪いことがあると、なんでもかんでも
ムクロジのせいにするのはやめてください。
その人が交通事故にあったのは
ムクロジのせいじゃないです。

7:あと、ゆめにっきのwikiに変な長文を
書いたのはムクロジだ、と思い込んでいる人も
いるみたいですが、それもムクロジではないです。
他の知らない誰かが書いたものです。
憶測だけで「ムクロジが書いたんだろう」と
決め付けるのはやめてください。
前項にも書きましたが、なんでもかんでも
悪いことがあるとムクロジのせいにするのは
やめていただきたいです。私じゃないです。

8:そして、「集団悪」であるあなたたちは、
ネットの情報だけを見て、私を判断している。
ネットの情報を簡単に信じてしまって、
そして簡単に人を攻撃する。
それは非常に不愉快でバカなことです。
ネットの情報が全てではないのですよ。
そう簡単に「情報」を信じないでほしいです。
あなたたちが受け取った「情報」の
真偽はどこにありますか?
この世界に「たしかに信用できる情報」
なんて、どこにも無いのだということを
頭の片隅にでもいいので、覚えておいてほしい。
それが、私の思いです。


9:最後に、私が一番言いたいことを

書きます。「集団悪」とは、「ある種の宗教」だと

個人的に思います。あなたたち集団悪は

気持ち悪い宗教集団と同じです。

あなたたち集団悪は一人じゃ

何もできないくせして

たった独りの私という人間を

大勢で攻撃してくる。

それはとても卑怯で、みっともないことです。

独りの人間をいじめて結束を固めるなんて、

あやしい宗教と同じです。私はそんな

せせこましい集団悪なんかに負けない。

チンケなあやしい宗教集団なんかに負けない。

これからも、あなたたち集団悪と戦い続けます。



以上。
書きたいことは、大体書きました。
これで少しでも私に対する誤解が
解ければいいな、と思います。
書きたかったことが書けて、
満足しました。
ではお読みくださった方々に
感謝の念を。ではでは。


[追記]
青桐さんへ。
ひょっとしたら、私の被害妄想的な
部分もあると思うんだけれど、
でも私の見た限りでは、以上に
書いたような誤解をされているみたいなので
もういっそのこと、「それはちがいます」と
はっきりと書いちゃいたいな、と思い
書いた次第であります。
私は「闇」の部分が大きいから、
こんな風な憶測の悪口が
どんどんとふくらんでいってしまったのだと
思います。本当は、こういうこと、
あんまり書きたくなかったけれど、
あまりにも誤解が誤解を
生みすぎていると感じたので、
もう我慢できなくなって書いちゃいました。
でも今まで、青桐さんのような心優しい人に
心を救われてきたので、そこまで
ダメージは受けていないです。
改めて、青桐さん、どうもありがとう。
私はもうこれ以上、無駄に誤解されたくないです。
それではメッセージ感謝感謝なのです!
ではでは。

[追記2]
ウナギノさんへ。
正直言って、ウナギノさんや、
その他の優しい人々に
支えられたおかげで
どうにかこうにか、
気持ちを保てた感じなのです。
本当にどうもありがとう。
この記事には多少、
私の被害妄想も入っていると
思うのですが、もうこれ以上、
変な誤解をされるのは
嫌だな、と思ったので
誤解を解くために記事を
書いたのです。
自分で言うのもあれだけど、
私は変なやつなので、
それで目をつけられてしまった、
というのもあると思います。
ただ、さいきんはそんなに
思い悩んだりはしていません。
ウナギノさんやその他優しい人が
いるので、心がだいぶ落ち着いた感じです。
改めて、どうもありがとうございます!
コミティアで会えるの、楽しみにしてます!
メッセージどうもありがとう!
ではでは。

[追記3]
蟹さんへ。
うーん、そうかな。
かまわないほうがいいのかな。
なんか、勝手な勘違いされて
嫌になっちゃって発作的に
この記事を書いちゃいました。
自分が変な人間だから、
叩かれやすいのかなって
感じですが、べつに
私は変になりたくて変に
なったわけじゃないからなあ。
とりあえず、記事を書いたら
幾分、精神が落ち着いたので
良しとします。なんか、心配
させてしまってすみません・・・。
蟹座さんの言うとおり、
なるべくかまわないようにします。
メッセージどうもありがとう!
ではでは。

[追記]
青桐さんへ。
再度この記事にコメントありがとうね。
青桐さんの存在には本当に癒されます。
青桐さんは言葉の重さや大切さを
知っている人だから、信用できますね。
私は負けるつもりは無いので、
たぶん負けないと思います。
ではメッセージありがとう!

テーマ:みんなに紹介したいこと - ジャンル:ブログ

tozita-doa-mother.jpg

人の一面だけを見て「こいつは悪人だ」と、
決め付けるようなことはしたくない。
というか、私は「世界には悪人なんていない」
って思いたいんだよね。
私はときどき、「こういうやつはバカだ」と
文章とかで書いちゃうんだけど、
べつにそいつのことを
「悪人」だとは、ぜんぜん思っていない。
「愚か者」ではあると思っているけれど。
他者を「悪人」だと決め付ける人って、
「自分は正しい」と思い込んでいると思うんだよね。
私は自分が正しいなんて思いたくないし、
何が正義で何が悪、という決めつけって
ばかばかしいと思う。
「こいつバカだな」と思うのは、
「こいつ不快だな」と思うことと同じこと。
「快・不快」は、「正義・悪」とはぜんぜんちがう。
単純に、「快・不快」は感じた気持ちのことだから。
だから、私が「こういうやつはバカ」って
言ったり書いたりしても、そいつのことを
悪人と思っているわけではないので、安心してください。
たとえ「偽善」と言われようと、私は
他者をかってに「悪人」と決め付けることだけはしたくないです。

私の漫画を読んだ人から、
ときどき「優しい漫画だ」とか、
そういう感想を頂くことがあるのですが、
それは私が他者をかってに
悪人だと決め付けることはしていないから、
だからそう感じてもらえるのかな、と思うのですよ。
まあ、私は優しい漫画を描いてるつもりは
ぜんぜん無いんだけどね。
たとえば私の描いた漫画「閉じたドア」では、
娘を性的虐待しているロリコンレズの母親が
出てくるけれど、私はその母親のことを
悪人として描いたわけではないんですよ。
「愚か者」とか「しょうもない人」として描いている。
そして、そのロリコンレズの母親のような、
「しょうもないところ」は、人間、誰しもが持っているものだと思う。
自分のこういうところが愚かでしょうもないな、と
自覚するのは大事だよ。
他者を責めてばかりいる人に、
自身の愚かな部分は見えないと思う。
他者を責めてばかりいないで、
たまには自分を振り返ろうね。
自分を大切にしよう。
ではでは。

[追記]
文章を書いた後に思い出したのだけど、
私は「集団悪」だけは、「悪」だと
思います。まあ書くと長くなっちゃうので
「集団悪」については漫画とかで
描きたいですね。では。

テーマ:独り言 - ジャンル:ブログ

trip17.jpg

今日、ユーチューバーについて
検索してみて、思ったんですよ。
ネットの動画再生でお金を稼げるって、
すごく未来的システムで面白いな、と。
今はまだ、ユーチューバー嫌いって人が
多そうなイメージなんだけど、
たぶん、未来にはユーチューバーという
職業が定着するんじゃないかな。
自分がユーチューバーになる気は
ぜんぜん無いけど、あいつら未来に生きてるな、って思う。

で、不安に思ったのが「漫画家という職業は
未来には消えてしまっているんじゃないか」ということ。
前に蟹座さんが書いてたことなんだけど、
漫画の持ち込みに行ったら編集者さんが
漫画は消えると思うと言ってた」と
ツイッターか何かで書いていたんですよ。
で、当時それを見た私は「あんなに面白い漫画という
表現方法が無くなるなんてありえない!」と
なぜか根拠の無い自信でそう思っていたのですが、
今はその編集者さんの言ったこと、
なんとなくうなづけるんですよね。
漫画は消えゆく娯楽文化だ」ということ。

私がこう思うのは、これもどこからか
聞いた話なのですが、「最近は
漫画を読む人自体が減っている、
特に若い人の中には漫画を
読むのがめんどくさいと
いう人がいる」、ということ。
これを聞いて、たぶん、人間そのものが
未来人的になっているんじゃないかな、と思った。
私の言う「未来人」というのは、
「より素早く情報を取り入れることのできるメディアを
好む人々」のことである。
たとえば、映像とか、音楽とか、イラストとか、そういった表現法は
無くならないと思う。「未来人的」だから。

漫画は、とても特殊な表現法だと
個人的に思う。1ページの中でコマ割りしていって、
基本的にはそのコマを順番に読まなくちゃならない。
それって、慣れていない人からしてみれば、
なかなか面倒な行為なんじゃないか、とふと思った。
自分は小さい頃から漫画を読んでいるから、
漫画を読む行為そのものに慣れすぎている。
だから、「漫画を読むのがめんどくさい」という人の
感覚があまりわからないのだけど、
それでも、「漫画を読むのがめんどくさい」と
いう感覚の人が増えてきているらしい?と
いうのは漫画が消えゆく兆候だと思った。
なんだか、悲しいなあ。
私、漫画大好きなのに。

昔は、「浮世絵」というものが
めっちゃ流行っていたでしょ。
漫画も浮世絵と似ているんじゃないかな?
いや、わりと違うか?
でも、浮世絵が流行ってた当時は誰も
未来には浮世絵が文化財的なものになるとは
思っていなかったと思うんだよね。
浮世絵って、当時は一般的娯楽だったと思うんだよ。
でも、今じゃ「美術扱い」「文化財扱い」を、されている。
一般的娯楽じゃなくなった浮世絵は、
消えてはいないものの、高尚なものになってしまった。
高尚になった浮世絵は、もはや一般人からは
遠い世界のものになってしまった。
漫画も、未来にはこうなってしまうのではないか?

私は、漫画は素晴らしい表現方法だと思うし、
だからこそ自分も漫画を描いている。
でも、「未来には漫画は消えるかもしれない」
という不安はぬぐいさることができないな、と思った。

で、「漫画は消えるかも」と思った私は、こう考えたのです。
「たとえ消えゆくものだとしても、私は漫画が大好きだ。
それなら、ただひたすら面白い漫画を追求して描くしかない。
消えようが消えまいが、面白い漫画を描きたい。
漫画という表現法に関わっていたい」、と。
そうだ、消えるとか、消えないとかに関係なく、
自分が本気で好きな表現法なら、それを追求するべきだ。
追求し続けよう。
そう、思った。

テーマ:独り言 - ジャンル:ブログ

keidousen-top.jpg

サイトに漫画「経動線ラウンド」を公開しました。
他の漫画サイト等では公開していたのですが
自分のサイトで公開をしていなかったので、
今更ですが公開してみました。
2015年に描いた漫画なのです。
お暇な人は読んでみてね~。

ここから読めます↓
http://pyorrhea.web.fc2.com/comic/long/keidousen/top.html

テーマ:みんなに紹介したいこと - ジャンル:ブログ

Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 釘バットで撲殺 all rights reserved.
プロフィール

ムクロジ

Author:ムクロジ
自閉症の漫画描きです。
かなりの情緒不安定で
現在、病気療養中。
電脳マヴォに漫画を
載せていただいています。
こちらから読めます↓
http://mavo.takekuma.jp/title.php?title=70
よろしくです。

※お絵かき掲示板を作りました。
よければ何か描いていってね。
描かれた絵には、もれなくムクロジがコメントするぞ。
↓お絵かき掲示板
http://www.illustbook.net/pyorrhea/



↓サイト
http://pyorrhea.web.fc2.com/

↓ドロワー
http://drawr.net/pyorrhea

↓ピクシブ(ゆめにっき二次創作)
http://www.pixiv.net/member.php?id=10815404

↓ホラー連合HMU(参加してます)
https://mangahack.com/comic/show/2505

↓つぶやき
http://piyo.fc2.com/pyorrhea/

↓投稿マヴォ(投稿してます)
http://toko.takekuma.jp/home.php?userid=92

↓メルカトルの鋼(参加してます)
http://blog.livedoor.jp/merukatoru_ni_haguki/

↓メルカトルの鋼【裏】(エロとグロ)
http://haganeura.web.fc2.com/kyoukai.html

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム